バスマットだけじゃない珪藻土ドライングプレートをキッチンにも。

バスマットだけじゃない珪藻土ドライングプレートをキッチンにも。

今日は、キッチンのお話を。

我が家は、新居に食洗機をいれませんでした。

結婚し、住んできた家を振り返ると食洗機どうだっただろう。

最初のマンションには付いていなかったし、次のマンションには付いていたけどほとんど水切りカゴとして利用し、食器が多い時だけ乾燥機能を使っていたかな。そして、今の新居にくる前のマンションには付いていなかった。

一度だけ付いてはいたものの、ほとんど機能せず…

自分の手で、しかもかなり熱めのお湯で洗うのが好きな私にとって、食器洗いはそんなに苦ではない。

だから、水切りカゴ的なモノが必要だけどあまり考えて設計をしなかったので、意外と大変だったかも。

前のマンションでは、シンクと壁の距離が短かかったのに対し、新居では倍以上?壁から距離がある。(写真↑向かって右)

ここが意外とすんなりいかなかったわけ。

前回同様、くるくるっと巻ける水切りラックをポンっと置けば解決!と思っていたのに…

と、いうことで

新たなアイテムを導入。

『珪藻土ドライングプレート 2枚セット』→

soilのモノと悩んだけど、1枚では足りないしサイズや金額も考えてこちらに。

これ、おすすめですよ〜

届いてすぐの時より、少し使い始めてからの方が水の吸収、乾きが良くなったかも。

こんな風に2枚並べます。

この珪藻土ドライングプレートだけでもちょっとしたグラスやお皿は置けますが、更にこちらも。

前から使っていたくるくる巻ける水切りラックを並べ使っています。

珪藻土ドライングプレートと違い、野菜などの水切りも出来るしこれはこれで便利。


そして使用しない時は立てかけて置いたりしています。

シンクの内側に水切りカゴを設置した方が、見た目は綺麗かな…とか、布巾の上に洗い物を置くのがいいのかな…とか色々考えたけど、これが私にとってはいいのかも。

水切りカゴだと、食器を片付けなくなりカゴが汚れるかもしれないし、布巾もすぐべちゃべちゃになって気持ち悪いことになりそうだしね。

今の感じだと、珪藻土ドライングプレートの下は全く濡れないので毎回拭いたりなんだりしなくてもいいし、くるくる巻ける水切りラックのみ吹きあげればOK。

まぁ、毎回食器洗いの後食器を拭いているかというとそんなこともないけどね。

時間と気持ちに余裕がある時に…

みなさんも自分にあった方法で食器洗いできていますか?

少しでもラクに家仕事したいものですね。

Share