無印グッズを使って薬箱の見直しをしてみました。

無印グッズを使って薬箱の見直しをしてみました。

子供たちのことですが…

 

血も出ていないのに、絆創膏をはらなきゃとか、なんか痛いんだよね〜などと理由をつけて、嬉しそうに絆創膏を貼る子供たち。

 

うちの子に限らず、どこのご家庭でもあるあるの話だとは思いますが…

 

そんな子供たちに、絆創膏を取り出してあげるこが何だか面倒だなぁと思い始めた私。

本当にケガをしていたら、優しく貼ってあげますよ〜笑

 

自分で取って〜と自分たちで取らせていましたが、奥にあるから取りづらいと言われていました。

 

よく使うモノが取りづらいと知っていてなかなか見直せていなかったので、薬箱の整理をしました☺︎

まず、全て中身を出して不要なモノを取り除きました。
意外とありました(^_^;)

 

仕切りが必要と思い、無印でポリプロピレンのメイクボックス・仕切付   1/2横ハーフ   300円を2つ使用。

 

こんな感じでよく使うモノを手前にして、収納していきました。

仕切りがあるって、やっぱり便利!

あー

スッキリと整いました!

無駄遣いはしないでね!と話はしてありますが、使いたい時にすぐ出せて便利になったはず!!

 

そして、子供たちが自分で取り出せるから私もラクチン☺︎

 

引き出しの手前によく使う絆創膏の定位置を決めたので、これで子供たちに取りづらいとは言われない!

薬箱の中身、久しぶりに全て出してみたけど使わないモノあるもんですねー。

 

みなさんの薬箱はどうですか?

 

やっぱり時々見直さないとダメだなぁと、改めて思いました。

Share