Oさま宅。キッチン収納のBefore After

Oさま宅。キッチン収納のBefore After

先日、お引越しして間もないO様の新居での作業がございましたので、一部をご紹介させて頂きたいと思います。(掲載許可頂いております。)

O様のお宅は、3階建てのとても広々とした一軒家。

ご主人、奥さま、小さなお子さま2人と猫ちゃんで住まわれています。

お家が広く収納もたっぷりで余裕のあるお宅でした。ただ、この余裕があるのもなかなか難しいもの。

O様は、お引越し前にかなりモノを手放し、必要なモノだけにしてきて頂けたのでモノが少なめでした。

広い空間に少ないモノを使いやすく収納するというのも難しく、広いからととりあえず何となく収納してしまい使い辛いなんてことに。

そして、収納するスペースがあるからといって、必ずそこに何かしまわなければならないなんてことはありません。

O様のお宅へは初めてでしたので、まずはお家の中の色々な悩みなどをお伺いしアドバイスをさせて頂きました。

そして、残った時間で実際、整理し収納するとはどういうことなのかを体験して頂く為に作業をさせて頂きました。

 

O様のリクエストで、今回はキッチンを。

シンクのところにある浅めの引き出しの中は…

Before

After
引き出しの中に仕切りを設け、バラバラになるのを防ぎました。

シンク周りで使いたいものを取り出しやすく必要なものを集め収めました。

おたまや菜箸などのキッチンツールもよく使うものだけに。

ご主人が使用するという爪楊枝も、キッチンの奥までいかなくても手前ですぐ取り出せるような場所に定位置を。

 

 

コンロ家下の引き出しの中は…
Before 

After  お鍋やフライパン、フタなどが重なっていて使いたいものがサッと取り出せない状態でした。

無印のファイルボックスを利用し、立てて収納できるものはこちらの中に入れました。

引き出しを開ければ、どこに何のフライパンが入っているかもすぐわかります。

 

 

Oさまのお宅はアイランドキッチンなのですが、ここのテーブルの下にも収納スペースがあります。

Before

After
この棚は、ちょうどキッチンの入り口すぐの場所にあります。

この入り口には、棚と反対側にシンクもあり人が出入りする際ごちゃごちゃしやすい場所なんです。

奥さま以外の人が、扉を開けてお皿やコップを取り出したりすると「あーごめん、ちょっとどいてー」となるわけです。

なので、扉を取ってオープン棚にするのはどうですか?と提案させて頂きました!

Oさま、なるほど!とかなり驚かれていましたよー。

でも、これで食器の取り出しもスムーズになるし、ここにカトラリーを置くことにしたので、子供も進んで食事の支度をお手伝いしてもらえそうと、とても喜んで下さいました。

 

毎日使うキッチン。

使いやすく、汚れたらサッとふけ簡単にキレイが保てるようにしておきたいものですよね。

 

今回は、ご主人もご一緒にいらっしゃったのですが普段から家仕事、育児に協力的なご主人ということもあり真剣にお話を聞いてくださいました。

扉を外すという急な出来事にも快く手を貸していただき助かりました。

 

Oさま、この度はありがとうございました。

 

 

Share